妙養寺

宗教法人 日蓮宗 最上稲荷 竜鷹山 妙養寺
〒739-2303 広島県東広島市福富町久芳5196
TEL/FAX:082-435-3039

HOME > インフォメーション > あ・うんのお話

お知らせ

  • 平成27年11月5日。宮島千畳閣に於いて法華経読誦法要が執り行われます。

    宮島千畳閣に於いて法華経読誦法要が宮島厳島神社の お計らいにより毎年この時期に執り行われる行事です。 今年は 平成27年11月5日  午後1時より3時迄 皆様いかがお過ごしでしょうか。 年に一度の紅葉の時期に、日蓮宗の声明師会の主催で 本年で第20回目を迎える法要です。 本年は記念すべき20回目の節目の法要で、併せて終戦70周年の 法華読誦施餓鬼大法要を迎えることが出来ました。 今回は20回を記念して、特別講演として 観世流能楽師(重要無形文化財保持者)津田和忠先生による 能楽奉納がございます。 参加は自由ですので一人でも多くの方のにご参加頂き、 秋の宮島で心の有意義な時間を 過ごして頂ければと思います。    合 掌

    詳しくはこちら

  • 御会式(おえしき)とは日蓮大聖人のご命日である10月13日を中心に行われる法要のことで、御会式桜(おえしきさくら)とはその前後から咲き始め、年をまたぎ4月8日のお釈迦様の聖誕日頃に満開となる珍しい桜です。

    妙養寺の御会式桜も可憐に咲き始めました。

    毎年、寒さにも負けず可憐に花をつけ、見る者の心を和ませてくれる御会式桜に今年も感謝とエールを送りたいと思っております。

    また、この桜の散った花びらを持ち帰ると『恋が成就』するとの言い伝えもあります。

    御会式桜のように寒さにも負けず、逆境に屈しない強い思いと愛のご加護を頂ければよいですね。

    但し、直接木から花びらを取ったり枝を折ったりはしないで下さい。

    故意に桜(人)を傷つけ、自らの欲を満たそうとする様な恋はたとえ実ったとしてもその先に幸せは・・・

    お寺の者に一声おかけ頂き、桜に感謝し、穏やかな優しい心で、散った花びらを頂きお持ち帰り下さい。

    合掌

    詳しくはこちら

  • 10月17日(土)参詣、供養して下さる皆様のおかげで、水子観音年次大祭の日を迎え、無事奉行させて頂くことができました。

    近年まれにみる穏やかな天候の下、穏やかな優しい光と、穏やかな優しい風に包まれ、参詣・供養してくださる皆様の真心を子どもさん(水子さん)達にお届けすることができ、子どもさん(水子さん)達も大変お喜びになれておりました。

    毎年、年次大祭の日は冷たい雨や風の吹く日が多かった為、今年の穏やかな風と光はこれまでの、参詣供養して下さった皆様の真心が通じた結果だと有り難く思っております。

    子どもさん(水子さん)に代わりまして、改めて深くお礼申し上げます。

    誠に有り難うございました

    水子さんの供養はいつまですればよいのですか?とお聞きになられることも多いですが、

    まず初めての供養。そして49日。1周忌。そして3回忌。

    と。丸2年間は続けてあげて下さいとお伝えさせて頂いております。

    その後年に一度の大祭の日に子どもさんに

    お小遣いを・・・感謝の気持ちを・・・真心を・・・

    差し上げましょう。という事で参詣、供養される方も多くいらっしゃいます。

    皆様、様々な事情、思いを持って水子さんの供養に来られます。

    また、当日参詣できない方も、お塔婆を立てて供養させていただいております。

    また子どもさん(水子さん)の供養は年次大祭の日以外も常時受け付けております。

    お電話またはメールにて予定確認をして頂き、ご予約してご参詣下さい。

    疑問、不安、相談等ありましたらお問い合わせ下さい。

    子どもさん(水子さん)達は皆さんお母さん、お父さん、兄弟姉妹達の幸せを願い求めていらっしゃいます。

    子どもさん(水子さん)の供養をさせて頂くことで、穏やかな優しい気持ちを育み、

    子どもさん(水子さん)に感謝の気持ちを持って前に進んで行く事の大切さを

    改めて実感させて頂く一日となました。

    供養をさせて頂いた子どもさん(水子さん)の魂がまた新たな命を頂き、現世に生を授かり、

    また妙養寺にお参りに来られている子どもさん達も現れはじめております。

    こんな有り難く幸せな事はございません。

    私どもも日々、感謝の毎日です。

    有り難うございます。

    合掌

    詳しくはこちら

  • 桜(サクラ)がちらほらと咲き始めました。

    桜がちらほらと咲き始めました。九月の半ばですが・・・なぜ実は、十月さくら・お会式さくら、という桜。
    ピンクのつぼみが・・・かわいい薄ピンクの花と咲きだんだん白くなります。

    詳しくはこちら

あ・うんのお話